• 個別ご相談予約はこちら 無料

シェアハウスとは?

  • HOME>
  • シェアハウスとは?

今、注目される「シェアハウス」の魅力

「シェアハウス」とは、ひとつの家を年齢・性別・職業・国籍が異なる複数の人と共有して暮らすこと。日本では、「ゲストハウス」や「シェア住居」と呼ばれることもあります。キッチンやリビング、シャワーなどは住人みんなで共有し、部屋はそれぞれ個室を利用します。シェアハウスは家具・家電付です。首都圏では10年ほど前からシェアハウスが増えており、現在、20代の社会人を中心に新たなライフスタイルとして人気を博しています。

専用部分 共用部分
  • 部屋はそれぞれ鍵付の個室を利用
  • 各個室にはベッド、机、椅子、エアコン、
    カーテン完備
  • リビング、キッチン、お風呂、トイレ、洗濯機等は住人で共有

シェアハウスとルームシェアの違い

シェアハウスは、「ルームシェア」と混同されるケースがありますので、両者の違いを簡単にまとめてみました。管理運営者がいるか・いないかが大きな違いです。

シェアハウス ルームシェア
  • 管理運営者がいる
  • 家賃は一般的なアパートやマンションとほぼ同じ
  • 管理運営者がいるため、トラブルが少ない
  • 管理運営者がいない
  • 家賃が安い
  • 管理運営者がいないため、トラブルが多い
シェアハウスを誤解していませんか?
名古屋エリアでは、一般化しているとは言えないシェアハウス。
「短期派遣労働者の仮住居でしょ?」
「お金のない学生や定職を持たない人が借りるアパートでしょ?」

といった印象が強いのも事実です。リビングやキッチン、お風呂などを共有(シェア)することから、衛生面でネガティブなイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。
ですが、そういったイメージは大きな誤解。実際のシェアハウスは、きれいで楽しくて快適な、魅力たっぷりの新しいライフスタイルなのです。

シェアハウスの入居者と入居する目的

実際のシェアハウスの入居者は、ごく普通の社会人がほとんど。海外への移住経験がある方や、欧米・アジアなどからの外国人留学生・インターンシップ、また観光やビジネス目的の短期滞在外国人も好んで日本のシェアハウスを利用します。「お金がないからシェアハウス」ではなく、目的を持って、価値を求めて入居する方がほとんどです。

なお、一般的に日本の学生がシェアハウスを利用するケースは多くありません。シェアハウス運営業者のなかには、生活パターンの違いによる他の入居者とのトラブルを防ぐため、「学生入居不可」にしているところもあります。

入居者のメリット

  • 家具・家電付きだから、入居時の費用が安く済む
  • 広いリビングがあり、設備が充実している
  • 特に女性はセキュリティ面で安心できる
  • 友だちができて、コミュニティーが広がる
  • 異文化交流を通して、語学の勉強ができる
費用の比較
  • 費用の比較
  • 費用の比較

シェアハウスは、お引越し時に伴うイニシャルコストが一般賃貸に比べ安いということだけではなく、周辺相場の同等の家賃で個室+リビングが利用できることから、シェアハウスは時代の流れに即した合理的な選択といえます。
特に2011年の東日本大震災以降、 “人との繋がりの重要性”が再認識されシェアハウス人気を後押ししています。

一人暮らしの際の選択肢の一つとしてシェアハウスが台頭

一人暮らしする際の選択肢

シェアハウスを始めてみませんか?

首都圏で人気を博しているシェアハウス。名古屋でもじわじわと需要が高まっていますので、運営をはじめるなら今がチャンスです。シェアハウス運営で成功するためには、入居者のメリット・目的に合わせたシェアハウスをつくることが重要です。コンセプトに共感してくれる入居者を集めることで、継続的に高い入居率が期待できるでしょう。

  • シェアハウスのメリットはこちら
  • 名古屋のシェアハウスの需要と運営方法はこちら

空室に効く!シェアハウスとは

  • シェアハウスとは?
  • シェアハウスのメリット
  • 名古屋のシェアハウス需要と運営方法
  • シェアハウスができる物件

だから効く!SHNのシェアハウス経営のお手伝い

  • SHNのシェアハウス経営
  • シェアハウス管理プラン・プラン例
  • 説明会情報
  • 個別ご相談承ります!年中無休です!無料
  • お問い合わせ 052-680-9180
メールでの個別ご相談予約はこちらから
ページの先頭へ