• 個別ご相談予約はこちら 無料

シェアハウスのメリット

  • HOME>
  • シェアハウスのメリット

シェアハウス経営のススメ

シェアハウスは入居者にとっても、オーナー様にとってもメリットの大きい賃貸スタイル。こちらでは、賃貸経営としてシェアハウスを運営するメリットをご紹介します。

シェアハウス経営の3大メリット

1 収益性が高い!
シェアハウスは、リビングやキッチンなどをひとつに集約するため、居住空間を効率化することができ、同じ広さでも多くの部屋数をキープできます。もちろんその分、収益性も高まります。

具体例:6LDKの戸建住宅

一戸まるごとファミリーに貸し出した場合 計6戸(6人が住める)の
シェアハウスとした利用場合した場合

一戸まるごとファミリーに貸し出した場合

特徴
(1)部屋数が多すぎる物件は需要が低い
(2)部屋数が多いという理由で家賃を上げることは難しい

計6戸(6人が住める)のシェアハウスとした利用場合した場合

特徴
(1)一部屋あたりに家賃を設定できる
(2)例えば一部屋の家賃を5万円と設定した場合、
満室時収益は30万/月

2 空室リスクを分散できる!
シェアハウスは、ひとつの家を複数の入居者に貸せるため、空室リスクを分散できます。また、名古屋エリアでは需要に対して供給が足りていないため、先行者メリットを享受でき、高い稼働率が期待できます。

具体例:6LDKの戸建住宅

一戸まるごとファミリーに貸し出した場合 計6戸(6人が住める)の
シェアハウスとした利用場合した場合

一戸まるごとファミリーに貸し出した場合

特徴
(1)入居者が退去すると稼働率が100% → 0%になる
(2)繁忙期が決まっているため中途半端な時期に退去があると埋め合わせが困難 しい

計6戸(6人が住める)のシェアハウスとした利用場合した場合

特徴
(1)一人が退去しても80%以上の稼働率をキープできる
(2)日本人だけではなく、外国人も受け入れているため、中途半端な時期の空室もリカバリー出来る

繁忙期

繁忙期

3 “初期費用・ランニング費用” が安い!
シェアハウスなら、リフォームでもっともお金がかかる水回りの工事を1箇所にまとめられるため、
例えば新築などで建てられる場合も初期費用は安く済みます。

計10人が住める 「アパート」 もしくは 「シェアハウス」 を新築で建てた場合

アパート シェアハウス

10戸それぞれに対して水回り設備の設置工事が必要

・トイレ×10
・お風呂×10
・キッチン×10

アパート

特徴
(1)入居者が入れ替わる毎に、清掃業者のクリーニング作業は必須
(2)また、入れ替わりのタイミングで原状回復工事が必要なケースが多い
(3)給湯器や水回り設備の交換時期に再度、多額の費用が掛かる

10人に対して水回り設備の設置をまとめることができる

・トイレ×2
・お風呂×1
・シャワールーム×1
・キッチン×1

シェアハウス

特徴
(1)個室に水回り設備がないため入れ替わりのタイミングは簡易清掃で次の入居者を迎え入れることができる(トイレ、お風呂などは日頃から掃除をしているため業者を入れる必要がない)
(2)また、一般賃貸に比べ原状回復工事(クロスの張替)周期が長い
(3)給湯器や水回り設備が少ないため、交換時期がきても一般賃貸程費用が掛からない

>>他のシェアハウスの例はこちら

シェアハウスの社会的意義とは?

  • シェアハウスは、入居者・経営者の双方にメリットの大きい賃貸スタイルですが、社会的意義の大きさでも今、注目を集めています。
  • たとえば、環境への配慮。シェアハウスのほとんどが中古の不動産を利用しており、「使えるものはできるだけ再利用する」というエコの考え方が評価されています。また、シェアハウスの特徴である広いリビングでは、国境の壁のない新しいコミュニティーが生まれます。どちらかと言うと外国人に対して閉鎖的な日本の住宅事情において、留学生などに住居を提供するだけでなく、生活面から幅広くサポートできるのはシェアハウスならではです。
  • シェアハウスの運営は、非常に社会的意義の大きな取り組みだと言えるでしょう。
  • 名古屋のシェアハウスの需要と運営方法
  • シェアハウスができる物件

空室に効く!シェアハウスとは

  • シェアハウスとは?
  • シェアハウスのメリット
  • 名古屋のシェアハウス需要と運営方法
  • シェアハウスができる物件

だから効く!SHNのシェアハウス経営のお手伝い

  • SHNのシェアハウス経営
  • シェアハウス管理プラン・プラン例
  • 説明会情報
  • 個別ご相談承ります!年中無休です!無料
  • お問い合わせ 052-680-9180
メールでの個別ご相談予約はこちらから
ページの先頭へ