• 個別ご相談予約はこちら 無料

シェアハウスができる物件

  • HOME>
  • シェアハウスができる物件

こんな建物はシェアハウスに転用できます

アパート・マンションの空室にお悩みの方、寮や下宿の経営難を打開したい方、戸建・テラスハウスの賃貸がうまくいっていない方は、ぜひシェアハウスをご検討ください。特に、寮や下宿、アパートやマンションの部屋が連続で空いている場合は、シェアハウスに転用することで十分な効果が見込めます。

戸建住宅

戸建住宅はシェアハウスに転用するのに向いています。最適なのは、家が広すぎたり、部屋数が多すぎたりして、平均的な家賃ではなかなか借り手がつかない物件。また、二世帯住宅もリノベーションでシェアハウスに転用しやすいのでおすすめです。

マンション・テラスハウス

マンションやテラスハウスも、シェアハウスとして生まれ変わらせることで、大きな価値を生み出してくれます。もともとマンションのオーナー様が利用していた広い部屋や、ファミリータイプのマンションで何部屋か続きで空室になっている物件は適しています。

ビル

古くなって借り手がつかない商業ビルをリノベーションして、シェアハウスとして賃貸することもできます。ビルは駅近のケースが多いため、高い稼働率が見込めます。ただし、用途変更が難しい場合もあるため注意が必要です。また、ビルはもともと居住用に設計されていないので、リノベーション費用は高めになります。

寮・下宿

寮や下宿は、居住スタイルがシェアハウスに近いため、もっとも転用しやすい物件と言えます。シェアハウスのコンセプトにもよりますが、大幅に構造を変更する必要がないため、リノベーション費用も安く済みます。

その他

住宅付き店舗やアパート、ワンルームマンションなどもシェアハウスへの転用が可能です。空室のままにしておくなら、ぜひシェアハウスにリノベーションして収益をあげましょう。

空室に効く!シェアハウスとは

  • シェアハウスとは?
  • シェアハウスのメリット
  • 名古屋のシェアハウス重要と運営方法
  • シェアハウスができる物件

だから効く!SHNのシェアハウス経営のお手伝い

  • SHNのシェアハウス経営
  • シェアハウス管理プラン・プラン例
  • 説明会情報
  • 個別ご相談承ります!年中無休です!無料
  • お問い合わせ 052-680-9180
メールでの個別ご相談予約はこちらから
ページの先頭へ